フリーターとの差

エンジニアが正社員以外の方法で働く道としてフリーランスやフリーターが知られていますが、この違いは正しく把握しておくことが大切です。
どちらも一時的に仕事を任され、その対価としてお金を受け取れるので似たようなものだと誤解している人もいます。
しかし、フリーランスとフリーターでは立場も報酬体系も全く異なっているのです。

フリーランスは個人事業主としての働き方の一つで、エンジニアは自分の持っている専門スキルを武器にしてクライアントから仕事の依頼を受けて収入を得るという働き方になります。
企業に雇用されているわけではなく、クライアントと業務委託契約を結び仕事の対価として報酬を受け取る働き方です。
契約条件については交渉することが可能で、納得できない場合は契約しないということもできます。
高い技術を持っているエンジニアは評価も高くなり、高額の報酬で契約してもらえる可能性が高いというのが一般的です。

一方、フリーターはアルバイトによって収入を得ている人のことを指しており、社会的な立場としては労働者になっています。
企業から雇用されて時間給で働くのが特徴で、大抵の場合には終身雇用をする雇用契約にはなっていません。
エンジニアがアルバイトとして雇われる場合には専門スキルの高さを評価されることは少なく、作業職としての採用になるのが通例です。
ただ、フリーターは労働時間が条件を満たしていれば、正社員と同様に社会保険を保証してもらうことができます。

一概にはどちらが良いとは言えませんが、高収入を狙うならフリーランス、安定を求めるならフリーターといったところでしょうか。
またフリーターとして働きながら実力をつけ、将来的にフリーランスになるというのも有りです。
そのことについてはフリーターからフリーランスに転身しよう!で触れられています。