エンジニアがフリーランスで稼ぐには

エンジニアがフリーランスで稼ぐには、限られた時間を有効活用してできるだけ高単価の案件を短い期間でクリアしていくことが大切です。
基本的には時間単価が高い案件を見つけて請け負っていくようにすれば、年収は飛躍的に向上していきます。

時間単価が高い案件は人気が高く獲得競争になりやすいと考えてしまいがちですが、実は高単価の案件は依頼したいという候補者が現れずに苦労しているケースの方が多いのが実態です。
簡単なのに高額報酬ということはほとんどなく、報酬が高いからには高いスキルを要求しているのは明らかです。
そのため、フリーランスで稼げるようになるには企業からの高い要求に応えられるエンジニアになる必要があります。

エンジニアが成長する方向性として、ジェネラリストとスペシャリストの2つがあります。
フリーランスで稼ごうと考えたら、請け負いたい案件の種類に応じてどちらの道を歩むかを決めるのが大切です。

案件の種類を委託案件で考えているなら、ジェネラリストに進むと案件が豊富で単価の高い案件にも巡り会えるでしょう。
多分野の融合によって、新たな技術を生み出すトレンドがある影響で優秀なジェネラリストが求められているからです。

一方、請負案件ではスペシャリストの方が時間単価を上げられます。
ある課題に対して特化したスキルを持っている人の方が短時間で成果物を作り上げられる可能性が高いのは確かでしょう。
そのためスペシャリストの方が求められていることが多いのです。